ししまるの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 均衡崩れる

<<   作成日時 : 2012/05/23 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

何だかんだ言って、肺水腫を起こして色々あって、今の薬の用量に落ち着いてから1ヶ月くらい経ったと思います。
毎日ししまるの呼吸と心拍を聴診器で聴き、その日の様子などをメモしています。
でもここ最近、何となくししまるの尿回数や尿量が減ってきてるように見えること
肺の末端に空気が入った時に何か抵抗感があるような音が少し出てきている事が気になってきました。
呼吸数も何となく増えたかな?でも32回/分とかが36回/分くらいになった程度で
数が増えたからと言ってししまるは苦しそうな感じはない。
心拍数は幅がありますがだいたい120回/前後から130回/分前後で経過。
ただ、ぐっすり寝ている時は100回/分くらいまで下がることもあり、呼吸のペースが少し乱れて間が長めに空くと徐脈傾向になってくることがあり、やや心拍のリズムにも乱れが出ることはあります。
そうなったとしても一時的ですぐまた普段の回数に戻り、一般状態が変化するには至りませんでした。
緊急性はなさそうに思い、診察の予約をしていた18日を待つことにしました。

18日、朝から唇の裏の粘膜や舌の色が、いつもより良くありませんでした。
聴診で、呼吸もいつもより浅くなったように思いました。
いつもはスムーズで調子がいいはずの右肺に、普段から比較的調子が悪い左肺のような抵抗感のある音が聴かれ始めてます。
そしてししまるは微妙にだるそうで、微妙に呼吸がしんどそうになってきているように、私には見えてきました。

その日の午後、メルママさんがお見舞いに来て下さいました。
ししまる用に、鹿肉やお手製のフードのトッピングやおやつ、私の分もお総菜やお菓子、お酒などいっぱい持って来て下さいました。
ししまるはメルママさんがバッグからそれらの物を出したとたんに大興奮し、クレクレと大騒ぎ。
そんなに吠えたら具合悪くなるんじゃないかってくらい催促吠えをしていました。
天日干ししたサツマイモや鹿肉スライスを少し食べさせ、何とか興奮を静めました。

メルママさんは去年、まもなく15歳になろうとしていたキャバリアのメルちゃんを亡くされました。
メルちゃんは若い時から何かと体調が優れず、病院とは縁が切れなかったそうなのですが
とても長生きだったのです。
メルママさんはメルちゃんに色々と体にいい食材を工夫してフードに取り入れていたそうで
ししまるもその恩恵にあずかることができました。

茹で大豆、茹で小豆、煮りんご、天日干しのサツマイモや鹿肉・鶏肉(確か鶏でしたよね・・・)などなど
たくさんの食材をししまるにお持ち下さいました。
大豆は栄養価があるだけでなく体のあらゆる機能を整えててくれるビタミンやミネラルなどが豊富で
循環器の機能もサポートしてくれます。
小豆も同様に栄養価が高く、利尿作用や血液をきれいにさらさらにしてくれる作用などもあります。

画像 画像
フードにチンしたキャベツとメルママさんからいただいた鹿肉と茹で小豆をトッピング
ぺろりと完食!!


画像 画像 画像
食後のヨーグルトにいただいた煮りんごと食後の薬をトッピング
これもぺろりと完食!!


しばらくおしゃべりをして、病院の予約の時間に合わせてメルママさんは送迎までして下さいました。
ししまるが通っている病院は、メルちゃんも通っていた病院です。

予約だったのであまり待たされず診察に呼ばれました。
そしてここ最近のししまるの様子、特に尿量・回数が減っているかもしれないこと、呼吸が気になることを伝えました。
先生は聴診器でししまるの呼吸をチェックして
「やっぱり変ですね、レントゲン撮りましょう」
って言って、すぐししまるをレントゲン室に連れて行きました。

レントゲン上では肺はまだクリアで曇った陰はありません。
幸いにも肺水腫にはなっていませんでした。
ただ、気になる点は尿量・尿回数が減ってきて、逆にむくんで体重が増えていること(600gくらい)。
腎機能が悪くなってきていることと、今使っている利尿剤に耐性ができてしまい
効きにくくなってきていることが考えられる
のです。
今回も採血してBUNとクレアチニンをチェックし、その結果で薬を考えることになりました。
採血の結果、クレアチニンは変わりありませんでしたが、BUNはまた更に上昇。
利尿剤のタイプを変えて、様子を見ることになりました。

今まで使っていた利尿剤はフロセミド(ラシックス)で、即効性はあるけど持続は短いタイプでした。
今回はトラセミドという薬に変更になっています。
フロセミドより効果が出るのに時間はややかかりますが、長めに効き目があるタイプです。

その日の夜から内服を始めたのですが、やはり効果が出るのに少し時間がかかりました。
次の日の朝からようやく効果が出てきたのか、また再び尿量が増えてきました。
それと同時に、何となくぐったりしてきたししまる・・・。
薬のせいでだるいのでしょう。
ご飯を準備している時、普段なら起きてそわそわ待っているのに、この日は起こすまで寝ていました。
顔色も粘膜の色もあまり良くなくて、ちょっと心配になりました。
しかし、食欲はあって水もしっかり飲んではくれていたので、様子を見るしかないと思いました。

次の日からは薬にようやく慣れてきたのか、心配するほどぐったりする様子はなくなり
しっかり飲んでしっかりオシッコを出してくれています。
それに伴い、肺の音も改善されました。
若干左肺の空気の入りが浅く末端に抵抗感のあるような音がありますが
全体的には良くなってきたように思います。
また当分このままでいけそうな気はしています。

でも、この状態がどの程度保たれるのかが問題。
薬に対する耐性と、腎機能に今後は左右されそうです。

メルママさんへ
本当に何から何までありがとうございました。
お陰様で、ししまるの食べ物がしばらくの間ゴージャスになります(笑)
大豆や小豆は圧力鍋で私も煮てみようかと思います。



<追記>
前回の記事で心臓サポートのフードについて触れていましたが、今回の受診の時にはフードの話が出ませんでした。
病院からサンプルで出されたフードはししまるのアレルゲンでもある「小麦」が含まれること
(サンプル程度の量であれば目立つ症状は出ませんでしたが・・・)
金額が高いこと(病院で買うより恐らくネットで買った方が幾分安いかも)
ということもあり、また少し調べてみることにしました。
メルママさんからも参考になる情報がありました。
近々、どうするか決めたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
先日は お邪魔しましたぁ〜
ししくんちょっと辛そうだったけど食欲凄くて安心出来たよ。
私の作ったオヤツ&お肉喜んでもらえて良かったです。

大豆と小豆 うんさんにそのまま出てませんか?
ちょっと潰してあげて下さいね

腎臓が悪くなると動物性食品って負担かかるから
大根おろしをトッピングしてあげると良いですよ♪
消化酵素が過剰なタンパク質を分解・消化してくれるそうですから

腎臓の目づまりを取り除いて腎臓の機能を正常に戻してくれる
効果も持ち合わせている大根って書かれていたわ。
大根って凄いよね。
解毒力のあるお野菜 牛蒡もすりおろして煮て与えても最高だし

どうか肺水腫起こさないで 現状維持でいられますように。
また 差し入れ持ってお見舞い行きま〜す。
人間たちはオヤツ無しにしよう〜  ししくん可哀そうだから

とと様 虹の橋へ旅立たれたのですね
去年 初めて飼い主さんにお会いして、メルちんの事で
泣いてくれた優しい方でした。

ご冥福を心よりお祈りいたします

メルママ
2012/05/23 09:55
こんにちわ、いつもししくん大丈夫かなって心配で覗き見していました。
メルママさんのアドバイスってとても的確で頼りがいのある方
そうゆう方がそばに居てくれるってとても心強いですよね
ししくんも食べ物に反応してくれるくらい元気が出て本当に安心しました。

しし母さんも頑張ってますよね
自分の身体は大丈夫でしょうか?

心配です。
ステママ
2012/05/24 15:39
お久しぶりです。
しし君大変そうですね・・・
しし母さんも精神的に大変そうです。
私もいつか同じように大変な思いをするんだな・・・と
目の周りに白髪を増やしているジャムをみながら考えてます。

しし母さん頑張ってくださいね。
Noriko
2012/05/24 22:10
>メルママさん
どうもありがとうございました!
大豆も小豆もちゃんと解らない感じでうんPには出ているようです。
消化器系はまだまだ大丈夫なんでしょうね(笑)

メルママさんのコメ見て、大根と人参・ゴボウ・大豆なんかで
煮物やスープみたの作って食べさせようかな・・・と思って。
スープにしたら水分も摂れそうですものね。
そう思いながら、最近は自分の食事も手抜き三昧なので実行してませんが(笑)
近々しよう!と思います。

メルママさんも色々大変ですから、あまり無理なさらぬよう・・・

とと様の旅立ち、お見送りしてきました。
悲しいですが、温かいお見送りでしたよ。
ししまる母
2012/05/26 01:20
>ステママさん
いつもご心配かけて申し訳ありません(滝汗)

メルママさんはメルちゃんのお世話で色々と経験なさっているので
アドバイスは参考になることが多いと思います。
特に、老犬の介護では色々工夫されていたことが多かったと思います。
人間用のお料理も美味しいんですよ(笑)

私の体調は大丈夫!
ご心配ありがとうございます。
ししまる母
2012/05/26 01:25
>Norikoさん
ご無沙汰しています!
ししまる、落ち着いていればあまり手はかからないのですが
何かをきっかけに崩れることもありえるので注意は必要です。
でも、今の所はまぁまぁいいんでしょうと思ってます。
私もししまるさえ落ち着いてくれれば大変ではないですよ〜
ご心配ありがとうございます。

ジャムちゃん体調どうですか?
私の周りには若い時から色々と病気をしていた子の方が
何だかんだで長生きしてるケースが多いような気がしてます。
病気があっても的確な治療が受けられているからなんでしょうかね?
病院に定期的に足を運んで体調管理されているからでしょうかね?
ジャムちゃん長生きであって欲しいと思います。
ししまる母
2012/05/26 01:34
「若い時から色々と病気をしていた子の方が
何だかんだで長生きしてるケースが多いような気がしてます」
これ私も感じることあります。
ジャムの難治性の胃腸障害は生まれ持ったもので
日々のサプリと調子が悪くなったら投薬ってのは変わりません。
ホルモンのアンバランスで膀胱がゆるくオネショやおもらしがあるので
その薬も増えました。心音にも雑音が出ています。
持病は確実に増えていますし、今後心臓は悪化していくことでしょう。
それでもやはり皆さんのブログを見ていると
ジャムはまだ元気なほうなんだと感じます。
今まで病気知らずだったわんちゃんが闘病生活に入ると
「え〜ジャムのほうが病犬だったのに!」と驚きます。

人間もあっち痛いこっち痛いとちょこちょこ病院に行ってる人のほうが
細く長くって感じします。
病気知らずみたいな方の方が逆に心配ですね。
どうしてなんでしょうね。
Noriko
2012/05/28 17:22
状態は日々変化するので、見逃さないようにするのが大変かと思いますが、ししまる母さんはスゴイです。肺水腫おこしてないんですね。少し安心しました!!

ますみ
2012/05/29 17:20
>Norioさん
こないだもうじき14歳だけど健康っていうルビーのキャバちゃんに病院で会いました。
病院は健康診断と予防接種ぐらいしかお世話になってないんですって。
心臓も多少雑音はあるけど投薬はなく経過観察だけ。
本当にそんな子は稀。うらやましいですよね。
そんな子ばかり増えてくれるとキャバリアの株も上がるのに。

ジャムちゃんも色々と薬が増えてきたのね。
がんばろうね。
ししまる母
2012/05/31 12:04
>ますみさん
肺水腫、あれからは起こしてないですが、利尿剤の効き方と腎機能次第でまた急変することが十分に考えられます。
状態が落ち着くと忘れがちになるのですが、頼れるのがもう薬だけなんですよね。
ししまるの苦しそうな姿見るのが辛くて、何とか未然で抑えられるように頑張りたいのです。
私にできることは何でもします(^^)!!
ししまる母
2012/05/31 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
均衡崩れる ししまるの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる