ししまるの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永遠の別れはない

<<   作成日時 : 2013/12/02 02:27  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 16

いよいよこのBlogの最終記事となります。

恐れ入りますが、今回はスピリチュアルな話題も含んでおります。
この手の話題が苦手だったり、嫌悪感があるという方はその部分だけは
どうかスルーしてご覧になっていただけたらと思います。


そして、とても記事が長くなってしまいました。
読むのが大変になって申し訳ありません。。。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ししまるの一周忌を終えて、私は改めてししまると私の家族の絆の深さを実感しました。
私が思っていた以上に家族それぞれがししまるに思い入れがあり
ししまるの存在が大きなものだったことを知ることになりました。

そんなことから、またししまるとコンタクトを取ってみたいと思い
以前お世話になったアメリカ在住のアニマルコミュニケーターTさんに
電話でセッションをしていただきました。

私の家族とししまるの関わりを中心に色々Tさんを通してししまると話をすることができました。
この場では書けないこともあるのですが、セッションの内容についていくつか紹介しようと思います。


・ししまるを家族全員で見送れたということについて

ししまるが亡くなって火葬をした時の話です。
私の家族は私を含めた子供達全員が独立して実家を離れ、日々忙しく暮らしています。
それぞれが盆暮れ正月も関係ない仕事をしているので休みがバラバラ。
恐らく冠婚葬祭でもなければ家族全員が一同に顔を合わせることは難しい状況です。
それがししまるの火葬の時は不思議と全員が集まれるタイミングだったのです。
それは偶然だったのか、ししまるに聞いてみました。

家族がバラバラでいるから、何か口実を作ってみんなが集まれるようにしたかったの。
みんなぼくのこと、好いていてくれたでしょ?
ぼくの死をきっかけに集まれれば・・・と思って、タイミングを図っていたんだよ。


ししまるの目から見て私たち家族は「あまりベタベタしない」家族というように写っていたそうです。
必要があればお互い連絡は取り合いますが、生活のペースがそれぞれ違いすぎるので
普段はそうそう連絡を取り合いません。
ししまるは自分の死を通じてまた家族みんなが集まれる機会を作りたかったと語っていました。


・ししまるの魂と、私と父との関わりについて

私はししまると暮らしていて、ずっと不思議に思っていたことがありました。
離れて暮らしていてたまにしか会わないのに、ししまるは私の父にすごく懐いていました。
もしかしたら私以上だったかもしれません。
ししまるの生涯でたった一度だけだった「うれション」は、父と会った時でした。

前回のセッションで、ししまるは私が子供の時に可愛がっていた近所の「ジョン」という犬の
生まれ変わりだったことが分かりましたが、後日そのことを聞いた父はとても驚いていました。
父が子供だった頃に飼っていた犬の名前も偶然「ジョン」だったのです。
父が昔犬を飼っていたことは以前から知っていましたが、その名前が「ジョン」だったことは
この話を父にした時に初めて知りました。
とても大人しくて、臆病な、優しい性格の犬だったそうです
父が中学校の卒業式の日に、残念ながらジョンは列車に轢かれて事故死してしまいました。

ししまるに、父と何か特別な関係があるのか、聞いてみたのです。

Tさんには、ししまるを通してとても小さな頃の父の姿が感じられたそうです。
幼少の頃、直接飼っていた訳ではないけれど仲が良かった犬だったとししまるは語っていました。
では、その後父が直接飼っていた犬ではなかったのか?という問いには

それも、ぼく

と答えてくれました。

父は、ジョンの死があまりにも壮絶で悲しかったのでしょう。
それ以降はペットを飼うことをしませんでした。
私が子供の時、ペットを飼いたいとねだった時に
「世話なんてできないでしょう」という理由の他に、飼えない理由として
ジョンの事を話してくれたことがありました。

でもジョンはその後も父に飼ってもらいたかった。父の元に帰ってきたかった。
それをずっと望んでいた
のだそうです。
途中で何度か転生をし、私が子供の時に「近所のジョン」として出会い
一緒に暮らしてはいなかったけど、近くでずっと見守っていたのだそうです。
(父は「近所のジョン」の存在を知りませんでした)
そして、10年前に念願叶って私の所に来たことで、ジョンの魂は「ししまる」として
父と再会することになりました。

だから、ぼくはお父ちゃん(私の父)の前には「3回」来ているんだよ。

と、話していました。


・永遠の別れはない ということ

前回のセッションでは、ししまるはまた私の元へ帰ってくる!と話していたのですが
私は現段階として犬と暮らす事に躊躇しており、踏ん切りがつかずにいます。
そのうちにししまるは転生し、私がいざ犬を飼おうと思った時には出会えなくなってしまう可能性が
あるのではないだろうか、と尋ねてみました。

また絶対帰ってくる!生まれ変わって会えなくなることは絶対にないよ。
(私とししまるは)昔から歴史的な繋がりがあり、いつでも出会うようになっている関係。
それはもう運命なのだから・・・。


私は1人暮らしの上に、夜勤も超勤もあるシフトの厳しい仕事をしています。
夜間は一晩留守番させることも多くなり(特に今の職場は夜勤が多いので)
特に子犬の時期の世話が大変になること。
頼みの綱だった妹が仕事の関係で札幌からいなくなることが決まり
私の緊急時に変わりに世話をしてくれる人を確保するのが難しくなったこと。
今は良くても10〜15年後、自分がどうなっているのか年齢的に不安があること。
今回犬を飼うのが初めてであれば躊躇なく飼えるのだろうけど
ししまるを飼った経験から、良かったことも一杯あったけど大変なことも色々知ってしまったため
飼うことに臆病になっている・・・と話すと

大丈夫だよ!もし大変なら1才くらいで戻ってこようか?
子犬からだったら、そういう世話を頼める犬の友達を作るといいよ。
お母さんにはもっと社交的になって、ドッグランやドッグカフェとかに頻繁に行って
犬を飼っているお友達をいっぱい作ってほしい。
ぼくはどんな犬種でもいい。お母さんがいいと思った犬種で帰ってくるよ。
1人だから世話が大変だって言っているけど大丈夫!
難しいと思っていても、いざ飼いだしたら新しいドアが開き出すよ。
手伝ってくれる人も出てくるよ。
悩みすぎて飼えない状況になってしまうのは勿体ない!!
犬を飼うことで、新しい人たちに出会っていくんだよ!!


お父ちゃん(私の父)には、もう犬を飼いたくないと思ってほしくなかった。
今回お母さんが犬がほしいと思ったことで、ぼくの願いが叶ってお父ちゃんの所にも戻ってこれた。
ぼくはお父ちゃんの前に「3回」戻ってきているの。
永遠の別れというのは絶対ないんだよ。
このことは、お父ちゃんにも伝えておいてね。


ししまるがいたことで、私たち家族の交流が活発になった。
今思うと、来るべくして来た犬だったのかなと思う・・・と伝えると

ぼくたち動物は無駄なこと(意味のないこと)は一切しないよ。
家族みんなの間をつなぐツールとして、道具として、そういった役割は喜んでするよ!
ぼくが戻ってきたら、お父ちゃんも喜ぶよ。喜んでお手伝いしてくれるよ。
お父ちゃんもそうだけど、お母さんにしても新しいわんちゃんを迎えたら、人生が変わるよ!
他の家族のためにも良くなるから、またぼくは戻ってきたいんだよ!!


ししまるの話を聞き、そうか・・・と深く考えさせられました。
もはや私だけでなく、犬を飼うことは家族にとって意味のあることなのだということに気付かされました。
また新たに犬と生活することを考えて行こうと、私はここでようやく決心がつきました。
では色んな段取りを考えて、準備をするのに1年くらい・・・と言うと

ええ〜〜〜!? 1年もぉ????

と、ししまるに怒られてしまいました(笑)
ししまるには、できる限りなるべく早く迎えられるように頑張ります(滝汗・・・)
・・・と答えて、セッションを終えました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


ししまるを亡くした直後は、もう新しく犬を迎えることはしないつもりでいました。
現在は昔に比べて「飼い主の責任」が問われることも多くなり
終生責任持ってきちんと面倒をみて行こうという考え方が
段々当たり前になってきたのではないかと思います。
(捨て犬問題など、まだまだそうではないと思われる場面もありますが・・・)

私の年齢を考えると、この先「責任持って最後まで」犬を飼うことは段々難しくなってきます。
今、まさにこの時期が最後のチャンスになるのではと思っています。
今ならまだ頑張れる、そう思っています。

でも、1人暮らしで犬を飼うには、協力者が絶対必要です。
家族や友達も巻き込んで、初めて1人暮らしで犬を飼うことが成立すると私は考えています。
なので、準備は十分にする必要があります。
ある程度、犬種を絞って考えることも必要。
いろんな人に関われる社交性の高い犬、扱いやすい大きさの犬であることが必須条件です。
協力者をあらかじめ決めておくのも必要。
今回はペットシッターも上手に使って行こうと考えています。

そして何より、ちゃんと犬の世話ができるように自己管理をしっかりしていくことが大事になると思っています。
健康面だけでなく、経済的な面でも。。。

ししまるから教えてもらったことをベースに、また新しい犬を迎えて私も再出発していこうと思っています。
きっと新しく迎える犬も、ししまるのようないい子であると確信しています。

だって、中身は絶対にししまるなのだから。。。



<ご挨拶>

今まで長い間、当Blogに遊びに来ていただきまして、ありがとうございました。
皆様のおかげで、何とか最後までBlogを運営していくことができました。
感謝の気持ちで一杯です。

支障がなければこのBlogはこのまま残しておこうと思っております。
このBlogは私とししまるの大事な記録です。
時々読み返して行こうと思っています。

準備ができて新しく犬を迎えた際は、できればまた何らかの形で
Web上に記録を残していけたらいいなと思っております。

「永遠の別れはない」

ししまるが私と私の家族へ伝えたかったこの言葉を最後のご挨拶とし
皆様に感謝しつつ、Blogを終えたいと思います。

本当に、本当に、ありがとうございました。


                               ししまる & ししまる母

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
「変わったことしている人もいるんだなぁ」と、コスプレ写真を見ながら、
ゲラゲラ笑っていたあの頃が懐かしく思い出されます。
思えば、このブログでししを知り、いろいろな世界が広がったんだよなぁ…。

おそらく、私も含めて読んでいた人たちにとっても、
このブログは大切な記録ですから、ぜひ残してほしいです。
そして、次のステップに向かう時の大切な助走にもなると思います。

母様、ありがとうございました。そしてご苦労様でした。






でも、きっと次もキャバでしょ(ボソッ)
tamaken
2013/12/02 11:46
ずっと、つながっていると思えるのは
気持ちの上で大きいですね。
私も、ししくんに何かしらつながっていたらうれしいのですが。。。 

しし母さんが、次なるステップを踏まれるときは、
ぜひ助っ人隊に入れてくださいね♪
パル母
2013/12/03 00:39
>パル父さん
こちらこそいつもありがとうございました。
私もあのコスプレ全盛期が懐かしいです。
想像力がどんどん膨らんで、エスカレートして・・・
それもこれもMOBBY & YANCOさんのお陰なんですけどね。
私たちは楽しかったですが、ししまるは正直迷惑だったでしょうね(笑)
でも、ちゃんと付き合ってくれるいい子でした。

年明けから色々と具体的にアクションを起こそうと思っています。
だいだい大まかなビジョンはできていますが
まだ決定ではないです。

残念ながら、次回はキャバリアにはならないんですよ・・・(^m^)
ししまる母
2013/12/04 00:58
>パル母さん
ご夫婦でコメントありがとうございます(笑)
ししまるを通じてパル家とも出会い
お陰さまでとても楽しいワンコライフを送れました。
ありがとうございました。
ししまるは色んな方々と縁を結んでくれました。
その縁はきっとししまるが別な犬で戻ってきた時にも
ずっと続くと思っています。
ししまるの時は何でも自分で頑張ろうと
気負っていた部分が大きかったのですが、
次回は周りの方々の協力もお願いしながらと考えています。
パル家を頼ることもあるかと思いますので、その時は宜しくお願いいたします。
ししまる母
2013/12/04 01:05
永遠の別れはない・・・って本当だといいなって思います。
私にはわかりませんが、
科学だけでは解明できない、
魂の問題ってあるかもしれない・・ですよね。
今日は母とししまる君のことが話題になって、
しばらくぶりにブログを見てみたところです。
私とぴゅう太の支えにもなったししまる君親子でしたよ。
あまりお会いすることはありませんでしたが、
いつまでも忘れることがない大きな存在です。
ししまる母様が次のステップに進まれて、
ししまる君がいたころの心の充実が戻りますように、
心から祈っていますよ。
ぴゅう太母
2013/12/05 16:29
>ぴゅう太母さん
ありがとうございます。
私とししまるの存在がお役に立てて嬉しいです。
ししまるが亡くなってから、コミュニケーターさんを挟んでではありますが、直接ししまるとコミュニケーションを取れるというのは不思議な感覚です。
しかも生きてる時は会話できないのに、ちゃんと会話になってる(笑)
ある程度の情報は事前にコミュニケーターさんへ伝えてはありますが、それ以外でも言われることがその通りだったりするので、これはこれで事実なんだと思ってます。
面白いですよね^^
年内はバタバタするので、次に向けては年明けから動こうと思ってます。
どうなる事やら・・・です。

ぴゅう太くんもとうとう発症したのですね。
進行の仕方は様々だと思います。
ししまるのように進行が早い子もいるとは思いますが
コントロールできている子もたくさんいると思います。
どうかお薬で上手にコントロールできますように・・・。
ししまる母
2013/12/06 00:43
ししくんの考えを聞いて、納得させられて・・・。
行動に移せるって 羨ましく思えましたよ。

私は、まだ戸惑いがあり
ワンコOKにしてもらった家借りているけれど
行動起こせていないままですもん。

ししくんの生まれ変わり
今度はどんな犬種になってくるのでしょうかね?

ししくんの言う通り、
ワンコって 人と人を繋いでくれ
なにより心を穏やかに 幸せにしてくれる。
心が元気になれば、体も元気(●^o^●)

しし母さん ししくんを抱く日も
そう遠くないのかもねぇ〜。 楽しみに待っていますっ。
メルママ
2013/12/06 10:15
ししまるちゃん、年明けには帰ってくる予定なのかな?
うちのれでぃもそろそろ帰ってくるかな〜?
ふたりとも早く帰っておいで〜!!

ししまる母さんの新しいブログ、楽しみに待ってます。
みいちゃん
2013/12/06 11:51
>メルママさん
レス遅くなりすみません。神戸に行ってきました(^^)

ししまるが帰って来る気満々なのと、ししまるがいる方が家族間が円滑になるというのが決め手でした。
私だけの問題だったら、ここまでスパッと決められなかったかなぁ。。。と思ってます。
犬を飼いたくてもやはり諸事情で躊躇するのは当たり前だと思います。
それだけ責任を伴うことですからね。
今回は何でも自分で抱え込まず、お友達やペットシッターなど、ヘルプを頼みながら仕事と育児を両立していきたいと思っています。

大体の犬種の目星はつけてますが、決定になったらtwitterで公表しますね。
それまでお待ち下さいませ!
ししまる母
2013/12/10 12:18
>みいちゃん
レス遅くなりすみませんでした。

ししまるが戻ってくるのはまだ未定ですが、なるべく準備でき次第タイミングを見て・・・と思っています。
年明けから色々と着手していく予定です。
れでぃちゃんもきっと何かの繋がりがあってみいちゃんの所でやってきたはずです。
もしかしたら何かの縁があってやってくるかもしれませんよ^^

新しいBlogを立ち上げるのはまだまだ先ですが、また遊びにきて下さいね!
ししまる母
2013/12/10 12:22
キャバリアが大好きで、最近ししまるくんのblogを見つけて読ませていただきました。
こんな可愛い子がいるなんて!
でも最後まで読んで涙がとまりませんでした。
ししまるくんに会いたかったです。
何回も何回もblogみてししまるくんを想ってしまいます。
できればまだblogをそのままにしていてほしいです。
ししまるくんのお母さん、ししまるくんお母さんの子で幸せでしたね!
まき
2014/09/05 18:55
>まきさん
つたないblogに遊びに来て下さってありがとうございます!
何度も読み返して下さっているのですね…
ししまるも喜んでいるでしょう。
blogはできる限り残しておく予定です。
私にとっても大事な記録ですからね。
またよろしかったらいつでも遊びにいらして下さい(о´∀`о)
ししまる母
2014/09/07 02:12
初めまして。コーギー♂のコスケ母です。コスケは2014年11月10日に天国へ旅立ってしまいました。癌で10歳2ヶ月10日の人生でした。動物を飼うのは生涯初めてであり、悲しくて寂しくて、これから一体コスケが居ない毎日をどうやって生きていけば良いの?と、途方に暮れていた時にししまる母さんのブログにたどり着いて、ドツボにハマってしまいました。コーギーとキャバリアって全然違うし、コスケはセラピーにも何も接点は無いのですが、ししまるくんと同じでコスケって、人懐っこくて、何されても平気で甘えん坊で、癒し犬でとってもお利口さんでした。ししくんに何だかソックリなんです。逝く時も、ししまるくんと殆ど同じように何一つ手を煩わせず、コロッと逝ってしまいました。ししまる母さんと私はきっと同じ年齢だと思われますよ。(私は74歳の母親と2人暮らし)。コスケが亡くなった後、今でも毎日ブログ見てますよ。良かったら、友達になって下さい。沢山お話がしたいです。自宅に茨城県ですが、しょっちゅう東京を放浪してます。美味しいモノ沢山食べて、ししまるの思い出話いっぱいして下さい。私もコスケの写真集持っていきます!
コスケ
2014/12/16 00:42
>コスケさん
きゃあ〜〜〜〜〜〜!!!!!
半月もコメント放置してて本当に申し訳ありませんでした!!!
twitterはスマホから更新していましたがPCは全然開いておりませんでした。
最近はバタバタしてて自分のblogチェックもしておりませんでした。

コスケちゃん、癌だったのですね。
癌の闘病は大変だったろうなと思います。
愛犬に対する思いや死生観、ペットロスの深さは人それぞれです。
私の周りでもここ数年でししまるのお友達が何頭か亡くなりました。
確かに時間が経てば少しは悲しみが癒える部分もありますが
今もまだペットロスであることは変わらないと思います。
私のblogで共感できる部分が少しでもあり
それが少しでもお役に立てるのならば、私としても光栄です。

まだここでは正式に書いてませんでしたが
色々な事があって、とうとう2代目のワンコがやってきました。
年明けにできればblogも立ち上げていきたいと思っております。
その際にはこちらにもお知らせを書き込むことにしますね。

今後とも宜しくお願いいたします。
ししまる母
2014/12/31 00:57
初めまして
突然のコメント失礼します
ウチのチワワも僧帽弁閉鎖不全です。急激な進行が始まり現在血液の逆流も起こっており末期の状態との診断を受けました。体調に一喜一憂し、不安と悲しみで押しつぶされそうな中、ししまる君のブログを見つけました。愛されて出来る限りのことをしてもらったししまる君。幸せだっただろうなと感じ勇気と励ましを頂いたように思います。見ず知らずの人間から突然失礼かと思いましたが一言お礼を申し上げたくコメントさせて頂きました。
ししまる母さんの所に新たな命がやってきたんですね(^ ^)健やかに成長されますように。
ゆい
2017/04/28 22:38
>ゆいさん
コメントありがとうございます。
更新を終了して3年余り経ちましたが、読んでいただきありがとうございました。
久しぶりに私も所々記事を読み返し、当時のことを思い出していました。
本当に一喜一憂ですよね。
病状が悪化してからのししまると過ごした濃密な時間を思い返すと、辛かった時間もたくさんありましたが、今は全ての時間が宝物のように思います。

できる限り一緒に過ごし、たくさん触れたり話しかけたり
ゆいさんのワンちゃんが喜ぶことをたくさんしてあげて下さいね。

新たに迎えたきみまろも3歳になりました。
わんこの一生は長いようで短いです。
ししまるから学んだことを活かして、楽しく仲良く過ごしていきたいと思っています。
ししまる母
2017/04/30 01:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
永遠の別れはない ししまるの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる