ししまるの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ひと月経ちました

<<   作成日時 : 2012/11/29 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ししまるが亡くなって1ヶ月と10日ほど経ちました。
11月19日(月)が初めての月命日でした。

ひと口で言うと、怒濤の1ヶ月でした。
今までの人生でこんなに別れが辛いと思った1ヶ月はありませんでした。
自分の中の大事な部分をえぐられて失ってしまったような感覚です。

ししまるが亡くなってからの1週間はずっと泣きっぱなし。
その後丸3週間経つまでの2週間は一見落ち着いたように思ったのですが
その頃に一度だけししまるが夢に出てきてしました。

夢の中でししまるは小さく鳴いていました。
抱っこして、撫でて、その感触が本当にししまるの感触と同じでした。
でも不思議と「これは夢だ」ということを私は分かっていました。
目が覚めたら手にその感触は全く残っていませんでしたが
夢だとしても、ししまるに会えたことがとても嬉しかったです。

でもその日からまた泣きっぱなしの日が続いてしまいました。

1日は本当に長く感じます。
どうやってやり過ごそうかと困るくらい。
これだけ時間があったら何でもできそうに思うのですが
全くやる気が起きず、何も手に付きません。
自分の体を支えるだけで精一杯な日もありました。

でも1週間はとても早く感じるのです。
ししまるが亡くなったのが金曜日。
火葬したのが日曜日。
なのでいつも週末は特にどっぷりと落ち込んでいました。
週末を泣いて過ごし、週明け少し落ち着くのですが、また週末を迎えて泣いて過ごす。
そんな1週間を過ごしていました。

そしてあっという間に月命日の19日を迎えました。
もうこの日は朝からずっと涙が止まらず夜まで泣きっぱなしでした。
この日だけは初めから我慢しないで泣いているつもりでいたので、尚更です。

画像 画像


ししまるが大好物だったイチゴが出回るようになりました。
早速、お供えしてあげました。

亡くなる約1ヶ月前に展示された写真が、初めての月命日に我が家へ帰ってきました。
予定では12月に入ってからの返却だったのですが、早く帰ってきてくれました。

画像


きっとこの桜がししまるにとって最後の桜になるだろうと思って撮影した写真。
何とか外では堪えることができましたが、この写真を見て、また家で大泣き・・・。

でも、この初めての月命日を境に涙は減りました。
ただし、日によってはドンと落ち込む日もあり、まだ波があります。
今でも何かと元気だった頃のししまるを思い出したりして泣きますが、
月命日前のような大泣きはなくなりました。
そして泣けばスッキリして、泣く前の気持ちをずっと引きずることは少なくなったように思います。

ししまるの四十九日は12月6日になります。
その週の週末、8日に納骨することにしました。
実家がお世話になっているお寺のペット供養のお墓に
他のお友達と一緒に土に還る形になります。
前日の7日に実家にししまると帰ります。

お骨をまだまだ置いておく方も多いとは思いますが、私は人間と同じように
型どおりに納めることにしました。
あと1週間自宅で一緒に過ごし、お別れしようと思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
解ります・・・。
可愛い我子だもん。仕方ない事よ ・・・。
泣いて 少しずつ気持ちが解れていくだろうし
いろんな心の葛藤と向き合い
時間と向き合い、そして 静かに静かに
心も 少しずつ荒波が鎮まる時がやってくる。
完璧に波が立たなくなることはないけどね・・・。

私たちのように子無しで 
子供のように大切な子だったから 余計・・・。

私のように 大丈夫と思っていても
1周忌前日に ドワーッと押し寄せるロスもあるし
まだ しし母さんには荒波が来ても不思議でないのよ。

月日が解決してくれるのを
たまには泣きながら待つしかないのです^_^;

49日過ぎたら納骨するのですね。

ししくんと しし母さんの絆は、目に見えない
心で繋がっていると思うから、
お骨ちゃんは 大地に返ししてあげて良いと思います。

ししくんも 賛成してくれるはずです。
気を付けて行って来て下さいね。



メルママ
2012/11/30 09:59
すっかりご無沙汰しております。
しし君どうしてるかな〜?と久しぶりにブログを拝見し…。
絶句でした。
9歳でしたか…私はジャッキーが13歳まで一緒に居られた
だけ幸せって事ですね。
同じ痛みを受けた者として言いますね。

しし君は虹の橋を元気な身体に戻ってに渡っていきました。
『おかあさん!僕は元気だよ!!だからおかあさんもいつもの
明るいおかあさんでいてくれないと僕は悲しいよ!!!』って
言ってますよ♪

ジャッキー亡き後、私はいつも心の中でそう言い聞かせて頑張りぬきました。
しし君は絶対にどこかで見ていてくれます。



ハチミツ
2012/11/30 13:05
ぴゅう太と過ごす幸せなひと時、
よくししまる母様を思い出します。
そして、今のこの幸せも、
必ず終わりが来ることを思いますよ。
何をするのにも、
待っていてくれるぴゅう太がいるからできるのだと、
ししまる母様のブログを見て思います。
その時が来たら、
泣く以外に何ができるというのでしょうね。
時が解決するといっても、
どれだけ長くかかることでしょうね。
それでも、だからこそ
今しかない幸せを大事にしたいと思います。
何もお力になれませんが、もらい泣きしています。
いつの日か乗り越えてくださいね。
ぴゅう太母
2012/12/01 14:01
>メルママさん
本当にメルママさんのおっしゃる通りで。。。

これでも随分落ち着いたと自分では思ってます。
不意に泣いてしまうこともあるけど、ずっと少なくなりました。
今は悲しさよりも寂しさの方が強いので、ふとししまるがいないことを意識すると落ち込むのかなぁと思ってます。

まだ仕方ないですよね。
9年で作り上げて失ったものを、たかが1ヶ月ちょっとで埋めることは無理だと思ってます。

納骨もなるべく早くししまるを還してあげたいという思いがあって決めました。
でも、これで完全に我が家からししまるの「形」がなくなるので寂しくはなりますね。
でも私の場合はそれでいいと思っています。
ししまる母
2012/12/01 21:29
>ハチミツさん
ご無沙汰しております。
そしてお気遣い、ありがとうございます。

更に日にちが経って、今はだいぶ落ち着きました。
確かにししまるがいなくなって悲しいことは悲しいですが
今は悲しさよりも、1人になっちゃった寂しさの方が強くなったと思います。
9年7ヶ月前までは1人暮らしだったのでまたすぐ慣れるかと思ったのですが、逆にししまるの存在の大きさを改めて思い知ることとなって、今はそれが時々落ち込む原因となってます。
でもししまるが亡くなったことそのものは納得して受け入れることができたと思っています。
あとは慣れなくてはいけないことですね。。。
私自身が乗り越えなくてはならない課題だと思ってます。

ししまるはちゃんと見守ってくれていると思ってます。
私だけでなく、ししまるも前にちゃんと進んで欲しいという気持ちを込めて、来週納骨してきます。
ししまる母
2012/12/01 21:37
>ぴゅう太母さん
確かに、ぴゅう太くんとの幸せな日々には限りがあります。
だから1日1日を大事にしていこうと思えるんだと思います。
それを意識するしないでは、後できっと違ってくると思います。

ししまるの病気が進行しだして1年弱でししまるは亡くなりました。
元気な時は私が仕事で忙しくてししまるには寂しい思いをいっぱいさせたと申し訳なく思っていました。
でも今年に入って仕事を辞め、その分を埋められるほどではないですが、一緒に過ごす時間をたくさん作ることができたことが私には救いになりました。
ししまるも多分、そう思っていると思います。
仕事を辞めてししまるが亡くなるまでの約9ヶ月は、辛い時間でもありましたが、ししまると正面から向かい合うことができ、幸せな時間でした。

もう泣くしかないのですが、今までいいだけ泣いたせいかだいぶ最近は落ち着きました。
ちゃんと悲しい時は泣かないとダメなんですよ。
ちゃんと泣くことが、立ち直るのには必要不可欠なんです。
少しずつですが、私も前に向いてきています。
時間はまだまだかかるとは思いますが、乗り越えていけると思います(^^)
ししまる母
2012/12/01 21:55
ししまる母さん、ごめんなさい・・・私今日しし君の事を知りました。
あまりにビックリして・・泣けてきました。
うちのりんと同じ歳で、同じような病気で旅立ったんですね。
しし君も、ししまる母さんもお疲れ様でした。2人(1人と1匹)とも、頑張って頑張って頑張りきったんですね。


実は、うちの猫が11月29日に亡くなって、改めて命の尊さやはかなさを感じていたところでした。

今は、寂しく悲しい気持ちが大きいと思いますが、時間がゆっくりと心を癒してくれると思います。お互い、この寂しさを乗り越えましょうね。
今は、いっぱい泣いてもいいと思います。
私も頭痛がするほど泣きました。

ししくんのご冥福をお祈りいたします。


ますみ
2012/12/01 23:33
>ますみさん
いえいえ、とんでもないですよ。
どうか、お気になさらずに・・・

酸素のことでは色々とお話ありがとうございました。
結局酸素にお世話になることもなく、あっけなかったです。
肺ではなく、多分心臓が急に麻痺した感じになったのだと思います。
いつそうなってもおかしくない状態ではあったので、ここまでよく頑張ってくれたと思っています。
その点を考えると、りんちゃんの方が辛かったと思いますよ。

そして猫ちゃんが。。。だったのですね。
続きましたね。。。
ししまるひとりでも私の落ち込みようは大変なものですから
次々と亡くされるのは本当にお辛いこととお察しします。

お互い、時間をかけながら元気になっていきましょうね。

猫ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
ししまる母
2012/12/02 19:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひと月経ちました ししまるの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる