ししまるの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ししまる 穏やかに旅立ちました

<<   作成日時 : 2012/10/29 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

※ ししまるを安置している写真、火葬の時の写真などが出てきます。
  見たくないな。。。と思う方にはオススメしませんのでご注意下さい。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


ししまるが息を引き取ったことを確認した後、肛門が緩んで便が出てきていることに気がつきました。
お尻を拭きましたがなかなか毛に付いた便は完全に拭き取ることができませんでした。

便がある程度出たのを見計らい、ししまるを洗うことにしました。
心臓が悪くなってからなかなか全身をちゃんと洗うことができなくなり
ドライシャンプーで対応するのが精一杯だったため、体は前から汚れてました。
手作り石けんを作っているお友達からもらった石けんで、ししまるを洗いました。
ドライヤーで乾かすとさらさらの毛になり、とても美男子になりました。

また開ききった肛門から便が出てきたので、割り箸を使って
肛門から入る分だけ家にあったガーゼを詰め入れ、ふさぎました。

そして、10時少し前にお世話になった動物病院へ電話を入れました。
院長先生が出て下さって、今までの私の労をねぎらって下さいました。
心臓病の場合は肺水腫になって呼吸がだんだん出来なくなって亡くなるパターンと
心臓が働かなくなって亡くなるパターンと2つがあり
前者の場合は苦しんで亡くなることが多いが、後者の場合はコロッと亡くなることも多い。
ししまるの場合は肺水腫にならず苦しまずに済んだのが幸いだったとお話して下さいました。

リビングに寝かせる場所を作って寝かせました。

画像 画像


静かに、ただ寝てるだけのような穏やかな顔です。

静かに寝かせて一息ついたら、死後硬直が始まってきました。
先日、この日のために編み上げたセーターを着せ、首にはセラピー犬だった時に使っていたバンダナを巻きました。

画像


ししまるが亡くなったことをtwitterに書き込み、家族やししまるがお世話になったお友達などに連絡。
火葬は2日後の21日(日)にし、前から決めていたペット葬儀屋に予約をしました。

その後、火葬当日までししまるに会うためたくさんのお友達がお見えになりました。
ししまるの周りは、いただいたお花やお供えでとても賑やかになりました。

画像


遺影は、今年の春、桜の季節に撮った写真にしました。

画像


20日の深夜、自宅で過ごす最後の夜、火葬に持って行く物の準備をしつつ、
亡くなってから体に下に入れていた保冷剤をまた交換しようとししまるを動かした時、
ししまるの鼻から出血してきていることに気付きました。
ししまるには可愛そうでしたが、鼻に細く切ったガーゼを綿棒で押しながら詰め、
大きなカットバンで鼻をかるく塞ぎました。
顔がだんだんむくんできました。
お腹もガスが貯まってきたらしく、少しずつ膨れてきだしました。
大丈夫だろうとは思いましたが、念のためオムツも軽くあてておきました。
若干臭いも感じるようになってきました。

少し前まではただ寝ているだけにしか見えなかったししまるが
こうしてだんだん崩れてきているのを目の当たりにして、やっと本当に諦めることができました。
それまでは頭ではししまるが死んでしまったことを理解していたつもりでしたが、
まだどこかで信じられない気持ちもありました。
変わっていくししまるをようやく感覚器で感じることで、やっと真実だと受け入れることができたと思います。
火葬してあげないと・・・とようやく思えるようになりました。

火葬当日、実家からじじとばばが、市内に住んでいるししまる叔母が我が家へ来ました。
そしてじじの車で予約していたペット斎場へ。
車の中で、私は冷たく重いししまるをずっと抱っこしていました。
これが最後になるかと思うと、このままずっと抱っこしていたかったです。

斎場では苫小牧にいるししまる叔父とも合流。
私の家族が全員と、お友達やお世話になった方々が火葬に立ち会って下さいました。

画像 画像


たくさんのお花もさることながら、食べ物の多いこと(笑)
ししまるは小脇に輸入物ですがマンゴーを抱え、頭と口元には季節外れのイチゴを。
そのほかにもリンゴ、なし、アイコ、酒粕クラッカー、ドッグフード、軟骨ジャーキー、かぼちゃプリン、カステラなどなど、たくさんの食べ物に囲まれました。
そしてメッセージが書いてあるカードやお手紙、色紙なども一緒に持たせました。

こんなに持たせて、ししまるは持ちきれるだろうかと心配になるくらいの大荷物です。
おやつは先に天国へ旅立ったお友達と分けるように、ししまるに言い聞かせました。
「きっと空に旅立ったら花なんてふるい落として、食べ物だけ持って行っちゃうんだろうな」
なんて冗談も出るほど、ししまるの周りは悲しい中にも穏やかな温かい空気に包まれました。
斎場の職員さんは私たちの気が済むまで時間を下さいました。
お陰でゆっくりと、心ゆくまでししまるを撫で、最後のお別れをすることができました。

ししまるが火葬炉に入ろうとした頃、外では風が急に強くなってきました。
きっとししまるを迎えにきたのだろう。。。と思いました。
ちゃんとお別れできたつもりでも、火葬炉に入って行くししまるを見るのはやはり辛かったです。
次に会う時は、もうあの姿ではありません・・・。

ししまるを見送った後は、控え室で持参してきたししまるの写真をみんなで見て談笑。
自分で撮っておいて言うのも何ですが、コスプレも含めふざけた写真が多いのです。
お陰で待っている間はしんみりすることもなく、思い出話にも花が咲きました。

ししまるが骨になり、皆で骨拾いをしました。
若くして亡くなったので、骨はとてもしっかりはっきりしてました。
しっぽの骨もきれいに並んでいました。
「キャバリアでこんなに大きい子は珍しいですね。」
と、職員さんもビックリしていました。

画像


最後にししまるに手を合わせ、葬儀は終わりました。

お友達のお見送りをした後、精算を済ませた時に
「皆さんに愛されていたんですね」
と、職員さんにやさしく声をかけていただきました。
本当に、こんなに温かい旅立ちができたのは、私の家族や、最後にししまるに会いに来て下さったり
火葬に立ち会って下さったりしてくれた方々のお陰だと思います。

ししまるは本当に幸せな子だと思います。

お骨になったししまると帰宅し、家族も帰ってひとりになった時
触りたくてももう触れない、会いたくてももう会えないことを痛烈に思い知らされ
その夜は一晩中泣いてました。

画像


自宅での最後の夜、ししまるの毛をカットして取っておきました。
この毛の感触だけでもししまるの感触を思い出すことができます。
もっと切って取っておけば良かったと思いました。

ししまるが亡くなってから今日で10日経ちました。
1週間の間は泣き出すと涙が止まらなくなる時もありましたが、ようやく少しは落ち着いて
今こうやって記事を書いて振り返ることができるようになりました。

たくさんの方々から心配して声をかけていただきました。
お陰さまで少しずつですが、元気になりつつあります。

本当にししまる共々、たくさんの方々に私達は支えられていたことを
ししまるの葬儀を通して改めて気付きました。
私ひとりでは、ししまるを飼えなかったと思います。

本当に、皆様ありがとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
沢山沢山愛されて幸せな一生だったと思うよ^^
大丈夫。しし母と過ごせてししまるは本当によかったと思って旅立ったと思う。
今頃は痛みや辛さも無く雲の上から、美味しいものをたんまり食べながらしし母の様子を見ているかも・・・^^

うまく言葉に出来ないけど・・・
また一緒に飲もう!
いつでもお迎えに参上するからねっ!
ししまる・・・
2012/10/29 22:16
上のコメントはりんごでしたっ・・・!
りんご
2012/10/29 22:17
>りんごさん
コメント見ただけで、ちゃんとりんごさんだってわかりましたよ(^^)

先日はありがとうございました。
にこもんに触った感触が懐かしくって、慰められましたわ・・・
酒に逃げたらダメだと思っていたけど、たまにはいいもんだと思いました。
またそのうちにこもんを触りに伺いますわ。
よろしくお願いします!
ししまる母
2012/10/30 19:09
ししくんの事大切に思い、こうして
ceremonyも皆さんに支えられて無事終えたこと・・・
読んでいて とても温かい気持ちになれました。

メルロス歴1年半過ぎ・・・

ししくんの事で泣いて、
また違う意味で私の中での別れをかみしめさせてもらいました。

しし母さんとトトキチ母さんで
仮通夜が出来た事に とても感謝しています。

今は 旦那と二人で
テレビの前に飾ってある写真やフェルト人形メルを見て
笑顔で 可愛いメルちん〜等と親バカ健在しつつ
楽しかった思い出を思い出しては 笑っています。

時間とともに、楽しい思い出が 
しし母さんを支えてくれる時がきますので

今はお辛いでしょうけど・・・
時が解決してくれるまで、もう暫くかかるでしょうが
自分に素直に、 愚痴りたい時は愚痴るべし。
どんどんメールくださいね。

遠慮は無しですよ〜。

ししくん 沢山手土産持たせてもらって・・・
ニタニタとしていたでしょうね。

メルママ
2012/10/30 21:17
涙涙で読ませていただきました。
ちゃんとありのままを記録されて、
ししまる母様は素晴らしいです!!
ししまる君は短い生涯でしたけど、
中身が濃かったと思いますよ。
ししまる君とししまる母様と出会えたことを、
本当に感謝しています❤❤❤❤❤
ぴゅう太母
2012/10/31 11:03
>メルママさん
いつもありがとうございます。

お陰さまで葬儀は私の満足のいくものになりました。
1週間は泣きに泣いて・・・
今は家でお骨を前に普通にししまるに話しかけてます。
まだ悲しいことは悲しいし、時々無性にししまるに会いたくなる時もありますが
現実をしっかり受け止めてだいぶ落ち着きが戻ってきていると思います。
あとは時間が解決するんでしょうね。

ししまる、ちゃんとメル姐さんと、とときっつぁんにおやつ分けてくれたかなぁ。。。
独り占めしてなければいいな・・・とそれだけが気がかりです(笑)
ししまる母
2012/10/31 22:36
>ぴゅう太母さん
ありがとうございます。
褒められると、照れます(笑)

確かに濃かった9年9ヶ月だったと思います。
喜怒哀楽の宝庫でした。
ここ数ヶ月は私もししまるも踏ん張り時で辛かったですが
ししまるの引き際の良さに全て救われました。
本当に私にはもったいないいい子だったと思ってます。
ぴゅう太くんも母さんやおばあちゃま思いのいい子ですよ!!
ししまるの分もたくさん可愛がってあげて下さい(^^)
ししまる母
2012/10/31 22:42
ししくんの最後の姿見たら涙出てきました。
穏やかなお顔してるのに。
会ったことなかったのにね。
美味しいもの食べるたびに
「よこせー!」って合図があるかもしれないね。
ししくんのことを穏やかにお話できる日がいつかくると思うけど、
それまで悲しみを残さないよう思う存分泣いてくださいね。
ryoko
2012/11/01 14:40
>ryokoさん
やっと半月ほど経ったのですが、未だししまるがいないことに慣れません。
時々どっと寂しさ・悲しさの波がやってきます。
しょうがなくて、時間が解決してくれるのを待つしかないと思ってます。
アルくんも体の不安は色々あると思うのですが、ししまるの分も長生きして欲しいです。
楽しく過ごせる時間がたくさんできることを願います。
ししまる母
2012/11/05 20:10
しし君、本当に天国へ旅立っていかれたのですね。
なんだか半信半疑でしたが、本当に先に逝ってしまったのですね・・・
でも最期までしし君、いいお顔してましたね。
このブログを読んで、私も目の前でスヤスヤ寝ているいくらのことをきちんと見送ることができるのかな?と考えてしまいました。
闘病中も、最後の日にもお友達に見送られて幸せものでしたね。

しし君、虹の橋で待っててね。
しし母さんもお元気で。たまにはブログも更新くださいね。
いくらまま
2012/11/05 20:45
>いくらままさん
本当に先に逝っちゃいましたよ。
最後は苦しまなかったせいか、顔は終始穏やかでした。
幸せな旅立ちができたと思っています。
私は仕事をしていない時だったので色々できて良かったのですが
仕事をしていたら本当に不安になると思います。
その中でベストが尽くせるように情報収集はしておいた方がいいと思います。
病院との連携や、場合によってはペットシッターなどなど。
まだまだ時間はあると思いますからね。
私でわかることがあればお伝えしますので・・・。

たくさん、いくらちゃんとの楽しい時間を作って下さいね!!
ししまる母
2012/11/05 21:14
ししまる君・・・虹の橋を渡ってしまったのですね・・・

お久しぶりです。大きいキャバリアのエルです。
すっかりパソコンとも遠ざかっていまして、今日知り悲しさでいっぱいです。
元気なししまる君の顔が、いろいろ思い出されます・・・
我が家のエルも、治らない血液の病気になってしまい、大量の薬を
飲んでなんとか頑張っていますが、いつかは・・・と覚悟している毎日です。
ししまる君、エルが行ったらよろしくお願いしますね ☆
しし母様、可愛いキャバリアに巡り合えて、おたがい幸せでしたね。
きっといつまでも、しし母様を見守ってくれていますよ。
えるり
2012/11/06 01:12
>えるりさん
ご無沙汰してました。
ししまる、残念ながらエルちゃんよりも先に逝ってしまいました。
エルちゃんも闘病中なんですね。
年を取ってくると、全く病気のない子なんて滅多にいないですね。
特にキャバリアは。。。
病気さえしなければ、こんな素晴らしいパートナーになる犬種はないですよね。
同じデカキャバで、エルちゃんには親近感がありました。
病気は本当に大変ですが、その中でも楽しい時間をたくさん作っていくことができればなって思います。
エルちゃん、頑張ってね!!
ししまる母
2012/11/07 12:13
ししまるちゃん。虹の橋を渡ってしまったのですね。
最期までしっかりとししまるちゃんと向き合えたししまる母さんは
ホントに素晴らしいと思います。
私もこんなふうにきちんとできたらいいな。
ししまるちゃんのご冥福を心からお祈りします。

楽しい思い出をいっぱいありがとう。
みいちゃん
2012/11/13 12:43
>みいちゃん
ありがとうございます。
れでぃちゃんとは血縁関係でもないのになぜかししまると似てて
一緒に写真でコラボしてみたり
直接お会いしてなくても楽しい思い出がたくさんありました。
れでぃちゃんも病気と闘っているかと思いますが
たくさん楽しい時間を一緒に過ごせることを願ってます。
れでぃちゃん頑張ってね!!
ししまる母
2012/11/14 11:49
ししまる母さん、お返事ありがとう。
ほんとに、食いしん坊なとこや間抜けな感じがそっくりだったね(笑)
れでぃは、夏の暑さでかなり具合が悪かったのですが、寒くなってから
元気が出てきました。まだまだ、元気でいてほしいです。

実は、ししまるちゃんのお葬式の日は、私の母の葬儀でもありました。
最期まで、れでぃびいきの母でした。
虹の橋でししまるちゃんに逢って、嬉しくて一緒に走って渡って行ったかもしれません。
みいちゃん
2012/11/14 12:14
>みいちゃん
そうでしたか、夏は暑かったしれでぃちゃん大変でしたね。
今はきっとれでぃちゃんにとって過ごしやすい気温になったでしょうから。まだまだ頑張って欲しいです。

ししまるとみいちゃんのお母様の葬儀が同じ日だったんですね。
天国でししまると会えてたらいいなぁ。
れでぃちゃんに似たししまるを可愛がってくれていたら嬉しいです。
ししまる母
2012/11/15 01:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ししまる 穏やかに旅立ちました ししまるの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる